Competencies

IMT の目標の大きな柱の1つが品質へのこだわりです。お客様の期待に合った、あるいは期待を越えるエンジニアリング プロセスの改善に一貫して取り組んできました。IMT のエンジニアリング プロセスは、アジャイル手法と業界のベストプラクティスに基づいていますが、さらに整合性と予測精度について包括的で堅牢であることを念頭に開発しています。同時に、お客様のプロセスに容易に統合できる柔軟性を持っています。

IMT Engineering process is based on Agile Scrum enabling cooperative software development

IMT Engineering process is based on Agile Scrum enabling cooperative software development

IMT のエンジニアリング プロセスは、開始・実施・完了の3つのフェーズに分かれます。開始フェーズではお客様と協力して案件提案を行い、契約書に記載する項目を定義し、関係者の承認を得て、キックオフの準備を行います。実施フェーズでは、品質を伴った製品のリリースを行います。1つのプロジェクトは、通常3ヶ月から6ヶ月ごとにリリースが行われます。各リリースは、「スプリント」と呼ばれる複数のイテレーションから構成され、1つのスプリントは2~4週間で、スクラムチームによって継続的に統合した製品をリリースします。当初の目標が問題なく達成されたことが確認されると、完了フェーズになります。