Portfolio

Upward Mobility は、iOS、MAC、Android、Amazon kindle、Nook、Windows Phone 8、Windows 8、BlackBerry などで動作するモバイル学習アプリを構築する学習フレームワークです。端末ごとに試験コンテンツが異なります。このモバイル学習アプリは、学習した後に集積した問題群から試験を受けることができます。

  • 背景:

    お客様は設立したばかりで、デスクトップとモバイルの両方のプラットフォームを構築したいと考えていました。コンテンツの作成から、異なるコンテンツで学習アプリを作成することができるフレームワークです。フレームワークを作成した後、Apple Sotre にアプリケーションを配信しました。

  • ソリューション:

    • バックエンド アプリケーション:コンテンツ作成用エディタと XML へのエクスポート機能を提供するデスクトップ アプリは、.NET フレームワークで作成しました。
    • フロントエンド アプリケーション:Mac、iOS、Android、Amazon Kindle、Nook、Windows Phone 7 & 8、Windows 8、Windows 10、BlackBerry のネイティブ アプリのフレームワークにより、UI を洗練させて、ユーザーが使いやすいようにしました。学習アプリを作成すると、XML コンテンツと画像ファイルが読み込まれてアプリケーション DB に格納します。
    • 不具合修正とアプリの機能向上をサポートしました。
    • 各プラットフォーム上でソースコードから XML ファイルを使ってアプリを作成し、試験を実施してからストアへのアップロードまで行いました。
  • 成果:

    • iOS、Mac OS、Android、Amazon Kindle、Nook、Windows Phone 7 & 8、Windows 8、Windows 10、BlackBerry 上でアプリをビルドするフレームワークを持つことができるようになりました。
    • それぞれのストアに数百ものアプリを作成してアップロードし、現在も半年ごとにアップデートしています。アプリのエンドユーザーからも好評をいただいているそうです。