Blogs

2017年8月11日、カントー市にてクアン・チュンソフトウェアシティ(QTSC)、インドネシア貿易振興センター(ITPC)、ベトナム商工会議所(VCCI)、カントー市の共同でセミナー『メコンデルタ地域においていかにICT人材を開発し効果的に活用するか』が開催されました。

メコンデルタ、カントー大学、ビジネス協会などから計13ICT部門より70名以上が参加。VINTOアライアンスからもGCS社、KMS社、 LogiGear社、 Luxoft社、 IMT SolutionsS3 Japan Corp社、DIGI-TEXX社、ARIS社、SystemGearグループ、Codebox Solutions社、ヴィエンドング大学、ISC Quang Trung12メンバーが参加しました。

セミナーの基調講演者は以下の通り:

  • Lam Nguyen - VCCI Can Tho社 副代表
  • De Tran博士 - カントー大学ICTスクール スクール長
  • Dzung Duong - カントー市ICT部 副部長
  • Lam Long - QTSC 最高経営責任者、VNITOアライアンス 代表
  • Toan Ngo - GCS社 副代表、VNITOアライアンス 副代表
  • An Mai - IMT Solutions 代表、VNITOアライアンス 副代表
  • Long Vuong – Logigear社取締役、VNITOアライアンス 副代表

 

VNITO_CanTho_seminar_01.jpg

セミナーには70名を超える代表者が出席

VNITO_CanTho_seminar_02.jpg

基調講演を行うIMT Solutions代表、 An Mai氏

同じ日の午後には、 VNITOアライアンスとカントー大学が同大学生を対象にセミナーを共催。夏季休暇中でありながら150名を越える学生が出席した。セミナーのトピックは以下の通り:

  • LogigearLong Vuong氏による『ICT人材に対する需要の今』
  • IMT Solutions代表An Mai 氏による『ICTにおけるインダストリー4.0と新しいトレンド』
  • GCSToan Ng氏による『成功/スタートアップのためにすべきこと』

セミナーの最後には、Q&Aセッションおよび学生インターンシップの機会についての座談会が開催された。

VNITO_CanTho_seminar_03.jpg

カントー大学生との座談会。

VNITO_CanTho_seminar_04.jpg

セッションには150名を超える学生が参加。

VNITO_CanTho_seminar_05.jpg

カントー大学生とのQ&Aセッションに臨むVNITOメンバー企業の各代表。