Blogs

オフショアリングとは、他の国のリソースを使用することと理解されています。情報技術の分野では、オフショアリングは通常、アウトソーシング契約またはソフトウェア開発です。通常、通信は高速データリンクを介して行われるため、エンジニアとマネージャーはリアルタイムで通信できます。お客様は、プロジェクト開発プロセスとマイルストーンを分単位でリモートで監視でき、品質保証とプロセスを実行できます。

オフショアリングとは、他の国のリソースを使用することと理解されています。情報技術の分野では、オフショアリングは通常、アウトソーシング契約またはソフトウェア開発です。通常、通信は高速データリンクを介して行われるため、エンジニアとマネージャーはリアルタイムで通信できます。お客様は、プロジェクト開発プロセスとマイルストーンを分単位でリモートで監視でき、品質保証とプロセスを実行できます。

  1. ベトナムでのオフショアソフトウェア開発の利点と欠点は何ですか?

オフショアソフトウェア活動を行う事を決める際にどちらの国を選択する事は、最初または最も重要な要素は、コストの問題を最小限に抑えることです。他の国と同じ地域やヨーロッパ地域に比べて、ベトナムの人件費の方がもっと安いです。したがって、運用するコストは大幅に削減できます。さらに、ベトナムは多くの税制優遇措置と投資政策を改善して行きます。ベトナムは労働力が豊富な国であり、人材の源が若く創造と融通し、企業に早速市場の需要を応答します。ベトナムは常に人材の教育と質を維持し、それに投資しているため、企業は人材たちに接近する事が出来ます。

しかし、ベトナムのオフショアソフトウェアも一定の困難に直面しています。最初に言及するのは、コミュニケーションと情報交換の問題です。地理的な分離、対面の会議や会話を妨害し、タイムゾーンの労働時間の違いに問題があり、言語の壁はベトナム労働の外国語資格を改善しましたが、それでも高く評価されていません。ベトナムが多文化の国で、文化の違い事も大きな障害です。ベトナムの法制度には情報セキュリティに関する特定の法律がないため、多少セキュリティのリスクが可能性がある。

  1. ベトナムでのオフショアソフトウェア開発の見通しは何ですか?

VCCI(ベトナム商工会議所)のDoing Business in Vietnam 」レポートによると、情報通信技術(ICT)はベトナムで急成長しているセクターであり、世界クラスの通信インフラストラクチャーに支えられています。2018年のICT収益はほぼ1,000億ドルに達し、2017年と比較して8%増加しました。ソフトウェアの輸出収益は35億ドルに達し、前年比11.6%増加すると予測されていました。

Picture1.png

2018年のベトナムの情報収益(出典:Doing Business in Vietnam-VCCI

ICTセクター内では、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)は成長が見込まれる業界です。その理由は:

  • 人材プールを開発: IT産業はベトナムの1つの主要産業として評価されています。153以上の機関がIT業界向けに約50,000人の従業員を訓練しています。多くの専門家が、ベトナムは世界または同じ地域で設置する事と製品を開発する事のテクノロジー企業にとって理想的な地域を言われました。情報通信省によると、国のICTセクターの従業員数は約90万人で、年間成長率は710%です。
  • 活気に満ちたデジタルセクター:ベトナムは本拠地で活気に満ちたスタートアップ環境です。Topica Founder Instituteによると、2018年に地元の新興企業は88900万ドルの資金を調達し、2017年の3倍になりました。ベトナムのスタートアップ企業の中で、大多数はテクノロジーとデジタルに基づいています。(FinTech, E-commerce & TravelTech)
  • 競争力のコスト: ベトナムのITアウトソーシングとビジネスプロセスの人件費は、インドより約30%少なくなっています。運用コストも、インドのレベルの約3分の1と、より安いと推定されています。
  • 企業は中国とインドから多様化しています: 米国と中国との貿易戦争、インドとの優先的な貿易待遇を終わらせる意図で、ベトナムはBPOの魅力的な代替目的地となっています。
  1. オフショアIT開発プロジェクトのリスクは何ですか?どのように管理できますか?

オフショアプロジェクトのリスクフレームワーク: リスクは、多くの場合、必ずしも相互に排他的ではなく、基本的なカテゴリに分類できます: 金融、技術、管理、行動、法的など。

*財務リスクは、予算とコストを扱います。

*技術的なリスクは、ツール、テクニック、標準を扱います。

*管理職のリスクは意思決定と報告を扱います。

*行動リスクは人々の管理と指導を扱います。

*法的リスクは、政府の法律と規制の考慮事項に対処します。

リスク管理の実施:他のプロジェクトコントロールと同様に、開発プロジェクトのオフショアITアウトソーシングの制御は、予防、検出、修正の3つのカテゴリのいずれかに分類できます。

  1. 予防管理は、リスクの影響を軽減するか、影響を受ける前に停止します。

2。探偵統制はリスクの存在を明らかにし、同様の条件下での将来の影響を排除します。

  1. 是正管理には、リスクの影響の決定が含まれ、将来の影響を排除するための対策を確立する必要があります。

4。どうやって適切なオフショアソフトウェアパートナーを選びますか?

適切なパートナーを選択するには、次のものが必要です:

ビジネスのニーズと目標を決定します: オフショアを実施する際、ビジネスは一定のコストを費やし、情報の損失、企業秘密の損失、潜在的な競合相手の偶発的な作成など、多くのリスクに直面します。さらに、オフショアリングが企業のコスト削減や主要な活動への中心に役立つことは請け合いではありません。したがって、企業はどんなニーズ向けの目標があるかを把握する事が必要です。同時に、オフショアを行うとどんな活動が必要があるかやビジネスがオフショアオペレーションを実装すると、どんなリスクが発生可能があるか等の質問に答える事が必要です。

同様のプロジェクトで経験豊富なパートナーを探します: オフショアソフトウェア市場には多く企業が活動しています。各企業には異なる強みと運用上の専門知識があります。したがって、アドバイスは協力するパートナーを選択す際に標準で有名と大きい会社を選ぶ事ではありません、コストが高くて効果が高くない可能性があります。代わりに、ニーズに適した専門知識を持っている会社、および/または同様のプロジェクトをリーズナブルなコストで実施し、本当に効果的な会社を選択する必要があります。

最も文化的に適合するパートナーを選択します:文化の拡大違いは、あなたとあなたのパートナーにとって大きな障壁になる可能です。あなたとあなたのパートナーが異なる言語を持っていると、お互いを理解できなくなり、またはあなたの見方とパートナーは矛盾しているとどう思いますか。上記のいずれもリスクにつながる可能性があります。したがって、パートナーの文化があなたの会社に適するのを選択する事が非常に重要な事です。こちらはあなたとあなたのパートナーがお互いをよりよく理解し、あなたのパートナーはあなたの会社の目標を迎合して、ニーズを齎す。同時にパートナーを見つける事は適当な文化が出来れば、あなたの会社とパートナーは長い間に協力する上に、将来に他のプロジェクトと協力することができます。

情報はセキュリティに注意する:オフショア開発のセキュリティは、アウトソーシングプロバイダーと契約する前であっても、最初から検討する事が必要です。すべて情報は営業秘密、顧客のデータの機密性が高いおよび貴重なIPであなたの企業の新しいアイデアを実現するため取り組んでいる時、パートナーの手を渡します。そのデータを盗もうとする人々がいます。彼らが成功した場合、彼らはあなたの企業の全体に脅かす事が出来ます。

リスクを処理する可能に関心がある:プロジェクトの結果を決定するオフショアITアウトソーシングの利点の1つは、リスクを分析する事です。ビジネスプロセスの一部のコンポーネントをアウトソーシングする際に、特定の責任をアウトソーシング会社に移すのに役立てます。すべて可能なリスクが発生する事のを特定して防止することは成功を収めるように重要な事です。

オフショアソフトウェア開発のIT分野で、Imt-solutions は一つの最良の選択する、理由は:

-IMT-solutions は、多くのプロジェクトで長年の経験を持つ一流のビジネスなので、顧客のニーズと目標を満たすことができます。

-革新的なソリューションとハイテクを備えたサービスの提供。

-プロフェッショナルと熟練したスタッフ。

-情報セキュリティは最優先事項であり、プロフェッショナル的に連れてリスク管理および処理能力と共に、お客様に信頼と安心を提供します。